オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

title 役員研修の歴史と今後

メモを取る

役員研修は、民間企業にとって人員のスキルアップを図るために有意義な機会としてとらえられています。

ここ最近では、管理職研修などの社員研修がマスメディアを通して頻繁に紹介されるようになっており、対外的に自社の特徴をアピールするためにも欠かすことができないものとなっています。
その中でも、役員研修を強化することによって、取引先などはもちろんのこと、投資家に関心を持ってもらうチャンスとして今後もさらに注目が集まるとみられます。

役員研修と管理職研修の違い
役員と管理職との違いは、責任の取り方が違うことにあります。

管理職の責任は上司である部門役員がおりますが、役員は社内における責任は本人か取らなければなりません。したがって、役員研修のテーマや内容は、社長の代行者としての立場を踏まえて受講する必要があるのです。
たとえば、社長から業務命令で受けた営業の数字を達成できなければ、それは本人が提案して未達成であったことになります。
役員研修は、管理職研修と違い、自分の後には誰もいないと思い習得しなければなりません。

title 教育体系の一環です

部下を育てる

役員研修は企業の人事制度における教育体系の一環で、資格制度とも連動して設定されております。

正規の社員として採用された従業員は、入社後社員研修からスタートし、職務内容と配属年数に応じて人事考課で評価が検討され、職能資格制度により資格を上げることで活性化をはかります。
資格が上がるごとに研修が設けられますが、これは立場が変わるための動機づけ研修でもあり、管理職研修や役員研修はそのためにも重要な教育となっております。

社員研修の必要性
社員研修には大きく分けると3つの種類が考えられ、一つは、現在、企業経営にとって必要な知識と技術を与えるために行います。たとえば、現在必要とする商品知識や計数知識などは、これにあたります。

二つ目に、企業は将来必要と考えられ知識と技術や新しい知識や技術を与えなければなりません。これは、主に管理職研修として行われるものです。
三つ目として、一と二の知識や技術を吸収するための基礎となる基礎知識のための研修となります。

title 社員研修とは

話をまとめる

社員研修とは、企業が従業員に対して行う教育のことであり、企業内研修、社員教育等とも呼ばれています。目的としては大きく2つに分けられ、業務に求められる能力を向上させる教育と、従業員のマインド面に変化を起こさせるために行うものに分けられます。

中間社員研修や、管理職研修や役員研修といった研修は、社員の出世に応じて、会社が求める人材となるように教育を行うことを目的としており、上述の大きな目的の両方を同時に達成するために積極的に行う企業も増えてきています。

社員研修の現状
社員研修の現状は中小企業においては、ojt教育と称して現場教育が主たるもので、off-jt教育は新入社員教育を入社時におこなう程度です。
そのために、ojt教育担当となる上司の管理職研修が重要になってきます。

部下は上司を選ぶことができませんので、教育を担当する上司の指導内容にバラツキがあってはならないからです。
特に、ojtによる社員研修は、上司の一言一言が企業の社風づくりにも大きく影響してきますので、上司の考えかたに一貫性が求められます。